ほぼ毎日格言(その045)

格言紹介
Pocket

定額学び放題の大学受験専門塾=大学進学Kを主宰する竹山が

ほぼ毎日格言を取り上げるコーナー第45回目は、

15世紀に活躍したドイツの宗教思想家 トマスの言葉をご紹介します🍀


休息と幸福は誰しも渇望するところであるが、それはただ勤勉によってのみ得られる

トマス・ア・ケンピス


トマスは、黙想と祈りを中心とした宗教体験について書いた

「キリストに倣いて」という著書で知られています。

(例によって、ア・ケンピスは「ケンペン出身の」を意味します)

 

宗教家によって多くの言語に翻訳され、日本でも1596年に

『こんてむつす・むんぢ』(CONTEMPTUS MUNDI)

というタイトルで出版されました。

まだ豊臣秀吉存命中のことですね。

「信仰」がいかに強い力であるか、分かる逸話かと思います。

 

それでは、また次回までお元気で💐

コメント

タイトルとURLをコピーしました