ほぼ毎日格言(その044)

格言紹介
Pocket

定額学び放題の大学受験専門塾=大学進学Kを主宰する竹山が

ほぼ毎日格言を取り上げるコーナー第44回目は、

中国の小説家・文学者である魯迅の言葉をご紹介します📚


うしろをふり向く必要はない。

あなたの前にはいくらでも道があるのだから。

魯迅


1904年、仙台医学専門学校(現在の東北大学医学部)に留学生として入学し

日本で高等教育を受けたことでも知られている、中国近代文学の巨星です。

「狂人日記」「阿Q正伝」の名作を発表するとともに、国民党の独裁を批判し続けました。

祖国の将来のために、政府からの迫害にも臆せず発信し続けた魯迅の意志力が伺えます。

“一歩踏み出せば、いくらでも道は拓ける”という前向きなメッセージが伝わってきますね🍀

昼に日差しがあると暑く感じるほどになってきましたね。

大学進学Kでは、生徒さんのご希望で、はじめて冷房が入れられました🍃

それでは、次回までお健やかにお過ごし下さいませ💐

コメント

タイトルとURLをコピーしました