ほぼ毎日格言(その035)

格言紹介
Pocket

定額学び放題の大学受験専門塾=大学進学Kを主宰する竹山が

ほぼ毎日格言を取り上げるコーナー第35回目は、

将棋界のスーパースター、羽生善治先生の言葉をご紹介します♪


山ほどある情報から自分に必要な情報を得るには、「選ぶ」より「いかに捨てるか」、そして「出すか」のほうが重要なのである。
情報メタボにならないためにも、意識的に出力の割合を上げていくことが重要になる。

羽生善治


私がこのコーナーで羽生先生を取り上げるのは二回目です。
この方は本当に凄い境地まで達しておられると思います。

是非、著書を手に取っていただきたい現役プロフェッショナルの一人ですね。

なにか書いたり話したりしているうちに

主張がまとまってきたり、他の事柄と有機的に結びついたりして、進化につながる

ということはよくあります。

情報メタボにならないように「出して」いきたいものですね。

どんな出力にせよ、一歩踏み出す勇気は素晴らしい❣️です。

大学進学Kは、入会をご検討の方に教育相談・進学相談を無料でさせて頂いております。

是非、お問い合わせ欄からお気軽にご連絡くださいませ(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました