ほぼ毎日格言(その022)

格言紹介
Pocket

ほぼ毎日格言を取り上げるコーナー第22回目は、

代表作『宝島』『ジキル博士とハイド氏』がいまも世界中で読まれている

19世紀後半に活躍したイギリスの小説家、スティーブンソンの言葉を紹介します📖

 


毎日をその日の収穫高で判断せずに、まいた種で判断しなさい

ロバート・ルイス・スティーヴンソン


 

頑張っていても報われない日はあります。

それでも、「将来に種をまいた」と思えば、心が軽くなりますね。

 

逆に、良いことが続いても、ずっと種まきを怠っていると…

そういう意味では、ちょっと背筋の伸びる言葉でもあります。

一日一日、なにかしら種まき出来たらうれしいですね。

 

コロナとの戦いも正念場が続きますが、みなさまどうかお元気でお過ごしくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました